東日本大震災津波被害現地踏査 大阪市立大学 原口強

 東日本大震災による犠牲者のご冥福をお祈りすると共に、被災者の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。
 1~2ヶ月かけて現地踏査を行い、津波浸水域を明らかにする予定ですが、その調査結果を日本情報地質学会の後援を得て、リアルタイムで逐次、ここに報告をするものです。なお、本研究には、東北大学運営交付金(特別)―東北太平洋沿岸における緊急津波実態調査―(代表:今村文彦教授)の研究費を使用させていただきました。謝意を表します。
 2011年6月14日、すべての調査が終了しました。このデータが今後の復興計画立案や防災計画策定の基礎資料としてお役に立てば幸いです。調査中、現地の多くの方々にお世話になりました。感謝すると共に一日も早い復興を祈念しております。

大阪市立大学大学院 原口 強

お願い
 交通途絶で行けなかったところもありますし、見落としなど誤りも多々あると思います。誤りを発見された方はお手数でも下記連絡先まで情報をお寄せいただければ幸いです。できればマップを付けていただけると助かります。

津波浸水域と現地の写真(Google Map・地理院地図のハイブリッド版…産総研シームレス地質図も表示可能)
同上(写真が大きく多量)(OSによっては読み込むのに時間がかかります)
Inundation Areas of 2011 Tsunami in East Japan(Google Map with the Geological Map of GSJ)
Google Earth用kmzのダウンロードはここです。

緊急出版のお知らせ
 本研究の成果を緊急出版して欲しいとの声が多く寄せられていますので、古今書院から原口強・岩松暉著『東日本大震災津波詳細地図』として10月下旬に刊行することになりました。上下2巻です。詳細は出版社新刊紹介をご覧ください。見開き見本があります。
 発行1ヶ月で品切れになり重版しました。
 2013年10月、合本した改訂保存版(一番右側)を刊行しました。読者からお知らせいただいた浸水域の訂正や浸水標高の確定値なども取り込んでいます。箱入り上製本ですので、子々孫々に伝えていただきたいと願っています。

気仙沼市全域津波浸水図発行
 気仙沼市では、このほど上記『詳細地図』のデータに避難場所などを加刷した市内全域の『気仙沼市2011.3.11(金)東北地方太平洋沖地震津波浸水図』を作成しました(右図:原寸は四六判)。2012年9月中には全戸配布するそうです。

宮古市東日本大震災津波浸水図発行
 2012年9月、宮古市でも1万分の1に拡大して冊子体で印刷、全戸配布しました。

上荒井町内史に収録
 仙台市の上荒井地区で町内史を発行されましたが、その中に津波詳細地図が収録されています。

未来へ語り継ぐ 陸前高田 震災学びのプログラム
 陸前高田市観光物産協会では標記のリーフレットを発行しました。市内各地のビフォー・アフターの写真を並べ、教訓を後世に伝えようとしています。このリーフレットに、われわれの浸水地図が採録されています。

復興関連道路「宮古市北部環状線」事業パンフレット
 復興関連道路の計画策定に利用されました。北部環状線は、津波浸水域を大きく迂回し、道路ネットワークの強化・県立宮古病院へのアクセス向上・中心市街地の渋滞緩和・災害時の緊急輸送道路としての利用等を目的として計画され、平成23年度から着工されました。

 他の地域でもご要望があれば、データは何時でも無償提供いたします。下記連絡先か鹿児島地図センターまでお申し越しください。

<空中写真判読図>

<参考文献>
<関連サイト>

連絡先:日本情報地質学会
office@jsgi.org 
(半角文字に変更)
更新:2016年8月2日
初出:2011年3月26日